病院 看護師 求人

 

病院で働く看護師|転職活動の現状

近年の全国的な看護師不足、看護師さんにとっては求人が手に入りやすく転職活動を行いやすいようにみえますが、実はその逆で、自分に合った理想の職場を見つけるための転職活動が困難な状況にあります。
というのも、人手が不足している求人先は、なんとしても看護師を確保したいので、求人票において不都合なことは書かないという傾向があり、実際に入職してみると思っていた職場と違うというケースが多発しているのです。
また、特に看護師が不足している都市部では、人手が不足した病院での激務を逃れるために、企業で働く看護師の求人への人気が高まっています。そういった人気が集中する求人が一般には出回らない状況になってしまっています。

 

では、効率的に自分の理想の職場を見つけるためには、どのように転職活動を行っていけばよいのでしょうか?

厚生労働大臣認可の転職支援サービス

こういった看護師転職事情を改善することを目的に、看護師さんにとって有益な求人情報や転職サポートを提供しているのが、厚生労働大臣の認可のもと運営されてる「看護師紹介会社」です。

 

看護師紹介会社の特徴

  • 無料で利用することができる
  • 他の求人媒介より求人数が多い
  • 独自の調査により、求人先の職場環境や内部事情に関する情報が豊富
  • 専任のコンサルタントに希望の条件を伝えると、希望に沿った求人を紹介してくれる
  • 面接対策や履歴書の書き方など、転職活動に関することをトータルサポート
  • 面倒な面接の設定や手続き、言い出しにくい条件交渉はコンサルタントが代行
  • 一般には出回ることがない人気求人を利用者限定で公開

 

看護師紹介会社はこんな方におすすめ

  • 今の仕事が忙しくて、思うように求人探しができない
  • 好条件の人気求人を手に入れたい
  • ミスマッチのない職場で働きたい
  • 面接や履歴書などの対策に自信がない方

 

看護師紹介会社は無料で利用できるという大きなメリットがあります。フル活用して、求人探しや転職活動に大いに役立てましょう。
また、それぞれの看護師紹介会社で得意な分野が異なりますので、自分が希望する働き方(常勤・企業看護師・短期派遣・パート・単発アルバイト)や希望の診療科目(内科・外科・小児科・産婦人科・皮膚科・精神科など)に応じて、最適な看護師紹介会社を選ぶことが大切です。

 

■看護師の求人・募集が盛んなエリア
札幌 東京 千葉 神奈川 横浜 茨城 埼玉 群馬 栃木 愛知 名古屋 兵庫 神戸 大阪 京都 奈良 広島 福岡

看護師が病院選びで失敗しないために

看護師の転職率は年々増え続けており、現在働いているの看護師の約80%が転職を希望していると言われています。
また、看護師の離職率も近年15%から下ることがなく、多くの方が転職・再就職しているというのが現状です。
看護師の仕事は非常にハードで過酷なものです。
そのため、看護師の方がより良い職場環境を切望するのも頷けます。

 

では、看護師の方が新しい勤務先、病院を選ぶ際はどういったことに気をつければよいのでしょうか?
まず大切なのは「自分が新しい勤務先に求めるものを明確にする」ということです。
自分に合った病院を選ぶ際には、不満・不安を解消するために「具体的にどういった病院を選ぶ必要があるのか」ということを明らかにする必要があるためです。

 

例えば、高い報酬を提示している病院というものは、それなりの理由があります。
「業務内容が非常にハード」「専門の資格や豊富な経験が必要」「ある一定の夜勤日数をこなすのが採用条件」などなど、求められるものも大きい場合がほとんどです。
ですので、もし離職理由が「給与の不満」「業務がハードで身体的な不安がある」と複合するものだった場合は、自分の現状や心情をしっかり見つめなおし、優先順位をつける必要があります。
給与を優先するならば、ある程度の業務であることは覚悟が必要ですし、その逆もしかりです。

 

また、病院選びで失敗した経験がある看護師の方の体験談などを読むと、
「提示された条件と実際の業務に差がありすぎた」
といったものが非常に多く目につきます。
看護師の方の就職・転職で一番厄介なのが「病院側の就業環境が、実際に働くまで確認しづらい」というものです。

 

求人誌やハローワークなどでの求人情報では、給与体系や就業時間についての概要しか確認出来ませんし、面接担当者の説明が病院の実情と異なっているというケースも多々あります。
ですので、病院選びで失敗しないためには、なにはおいても情報収集が大切になってきます。
最近は、看護師専門の就職・転職支援も盛んですので、そういったものを上手に利用すると、病院側の内情や、実際に勤務している方の生の声を確認することも可能です。
失敗しない病院選びの秘訣は、情報収集にあるといえるでしょう。