看護師 日勤 病院

病院、診療所、クリニックで働く看護師の日勤勤務について

看護師の働く形態として一番多いのが日勤勤務です。
交代勤務の場合は日勤勤務、准夜勤勤務、深夜勤勤務を交代で行うことになりますが、クリニック等では日勤勤務のみです。

 

日勤勤務というのは例えば9時から5時など昼間の勤務になります。
子育て中の看護師なんかは日勤勤務を選ぶ方が多く、働きやすい形態だと言えます。
しかし仕事の内容は一番ハードだと言えます。

 

日勤の始まりは申し送りからです。
これは深夜勤の看護師から担当患者の状態などについて意見交換をします。
その後、患者さんに検温や血圧測定などを行うのです。

 

それから回診のサポートをします。回診自体は担当医師が行うのでそれについて回り、患者さんのケアを行います。
更に午前中にベッドメイキング等も行うので日勤勤務の看護師は午前中だけでもやることがたくさんあります。

 

新たな入院患者のサポートや食事の介助などその後も看護師の仕事は続きます。
准夜勤帯の看護師がやってくるのは夕方近くになってからなのでそれまでが日勤勤務となります。
准夜勤の看護師の申し送りをして一日が終了します。

 

日勤勤務は准夜勤や深夜勤に比べると給料では低くなります。
深夜手当が付かない分ですが、その分時間を有効的に使えるので子育て中の看護師には向いているでしょう。
また、休日も一定期間ごとにきちんと取れることが多いのでお勧めできます。

 

更に求人数も多く、探しやすいというのがメリットになります。
転職する看護師も日勤を希望する方が多いのも特徴です。