看護師 病院 クリニック

看護師が病院ではなくクリニックで働くメリット

総合病院の病棟看護師経験がある方に、転職先として人気が高いのがクリニックです。では、クリニックで働く場合のメリット・デメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

 

クリニックで看護してして働くメリットには

 

・主な業務内容が診療介助のため、落ち着いて仕事が出来る
・勤務時間が日中で固定されている
・夜間の業務がないため、規則正しい生活リズムを保ることができる

 

といったものがあります。

 

クリニックの診療は外来が殆どですので、総合病院の病棟看護師のように沢山の業務を掛け持つ必要がありません。病棟看護師の場合、診療介助の他に入院患者の方の身の回りの介助(清拭・排尿介助・寝衣交換)なども必要です。しかし、クリニックの場合には診療介助と患者指導が主な業務のため、身体的な負担は比較的軽くなっています。更に、夜勤がなく交代制のシフト勤務でもない為、心身の負担・ストレスも少ないと考えて良いでしょう。

 

それに対して、デメリットとしては

 

・医師や同僚との距離関係が密接になる
・パート募集が主のため、正社員募集が少ない
・総合病院や大学病院への再就職・転職が難しい

 

といったものがあります。
クリニックの場合、就業人員が少ないため、良くも悪くも人間関係が密になりがちです。そのため、クリニックの人間関係が悪化した場合には、非常に働きづらい状況に陥りやすいという問題があります。

 

また、クリニックでは人件費を抑えるため、看護師数をぎりぎりまで削減している場合がほとんどです。そのため、求人募集自体が少なく、あっても正社員ではなくパート募集であるケースが大半です。しかし、この部分はデメリットというだけではなく、家庭の事情でフルタイム勤務が出来ない方でも看護資格を生かして働くことが出来る、というメリットにもなりえると言えるでしょう。

 

加えて、クリニックは業務内容が限られているため、総合病院でもとめられる各種技術が落ちてしま傾向にあります。そのため、クリニックから総合病院・大学病院などに再就職・転職するのは難しいとされています。クリニックへの就職を検討する場合には、将来のことをしっかり考えるようにしておくようにしたいですね。