看護師 大学病院

看護師が大学病院で働くメリット

大学病院への勤務を検討する場合、一般の病院での勤務に比べ、メリット・デメリットが大きいという事を念頭に置いておく必要があります。
大学病院での勤務というものは、「向いている人」「向いていない人」がはっきりとしています。
この差は、このメリット・デメリットどちらに意識を向けて勤務をするかによって決まってくるといっても過言ではありません。

 

ここではまず、大学病院で得られるメリットを上げてみましょう。

 

・充実した臨床研究・教育システムの場が用意されている
・看護師はもちろんのこと、医師・研修医・コメディカルの数が多い
・様々な医療従事者が働いているため、医療について吸収できるものに幅がある
・特定疾患や難病などの臨床経験を積むことが出来る

 

これらのメリットは、まさに大学病院ならではのものだと言えるでしょう。
また、大学病院勤務の看護師の多くは「専門看護師」「認定看護師」といった目標を持ち、先を見据えて日々の業務に当たっている方の割合が大変高い傾向にあります。
看護師として自己研鑽している人が周りにいる、看護師として様々な知識を習得できる環境にあるという意味で、大学病院は「学び・研究の場」でもあるです。

 

ではデメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

 

・手技を習得する機会が少ない
・民間病院で扱うような、一般的な症例の看護経験を積むことが難しい
・比較的残業が多く、業務内容がハード

 

大学病院勤務のデメリットは、こういったものになっています。
特にデメリットとして大きいのが「手技を習得する機会が限られている」という部分です。

 

大学病院の場合、看護師が行う手技はわずかとなっています。
大学病院では、看護師が行う手技は主に採血までとなっており、点滴確保なども医師が執り行っています。
それに対し民間病院の場合は、看護師が点滴の他、抗がん剤投与や褥創の処置、胃管の挿入や動脈血採血なども行います。
そのため、民間病院の看護師よりも大学病院勤務の看護師は手技に劣る、と判断されるのが一般的です。
そういったこともあり、大学病院を経て一般病院に転職した場合、手技の部分で低い評価を受ける可能性が高い、というデメリットがあるのが現状です。

 

こういったメリット・デメリットから、大学病院の特徴が自分に合っているか、将来的にしたい看護と結びついているのかという事を判断するのは、非常に有意義なことだと思います。
「なぜ大学病院で働きたいのか」
こういった部分を見直す時にも、メリット・デメリットの認識は役に立つのではないでしょうか?