看護師 準夜勤

病院で働く看護師の準夜勤勤務について

看護師の勤務帯の一つに准夜勤での勤務があります。
これは日勤の勤務から引継ぎ、深夜勤までの間の勤務となります。

 

准夜勤勤務ではまず申し送りから始まります。
その後、すぐに夕食の配膳が行われるので一人では食事が出来ない方の介助を行うのです。

 

薬の投与や点滴等を行う場合は時間を見ながら准夜勤の方が行っていきます。
准夜勤の勤務時間は5時から深夜1時になることが多いです。
その間には消灯時間、就寝時間がやってくることになります。
消灯時間前には検温を行うことが多く、次の日の朝、検尿などを行う患者さんにはそれを伝えたりします。

 

消灯時間が過ぎてから患者さんの状態が悪化することもありますし、病院に緊急で運ばれてくる患者さんも多くいます。
その対応をするのも准夜勤の看護師になるのです。

 

定期的に巡回や見回りをする仕事もあるので准夜勤だからといって忙しくないとは言い切れません。

 

日勤に比べると仕事量は減りますが、給料としては増額します。
それは深夜手当が付くためです。
深夜手当は病院によっても違いますが、1000円から2000円程度プラスになるので交代勤務を行う看護師の方が給料の総額は多くなるのです。

 

また働く病院によっては准夜勤、深夜勤がない場合があります。
例えばクリニックであれば診療時間が6時くらいまでなので日勤のみの対応となるのです。

 

子育て中の方は日勤を希望する方が多いですが、最近は24時間の託児所を病院内に設けているところも増えてきているので以前よりも働きやすくなりました。