看護師 給料の良い病院

看護師が給料の良い病院を選ぶためのポイント

看護師の仕事は非常に過酷で激務です。そういった仕事に就く以上、自分の仕事内容に見合った報酬・給与を得たいというのは当然のことです。
給料はハードな業務をこなすためのモチベーション維持にも影響を与えるもの。看護師の方が良い仕事を続けるために、自分の望む条件の給与を得るには、どういった事に気をつければ良いのでしょうか?

 

まず、看護師の勤務先は様々ですが、どのような医療施設が厚待遇・高収入なのでしょうか考えてみたいと思います。一般的に、規模の大きな病院の方が給与体系もしっかりしており、残業代なども厳密に管理されているため、総合的な給与は高くなる傾向にあります。

 

看護師の給与は、基本給が低めに設定されている場合が多く、残業や夜勤で「稼げる」ようになっています。そのため、サービス残業や夜勤時間のごまかしを行っているような医療施設では、正当な報酬を受け取れません。ですので、給与の良い病院を探す際には、基本給の提示額だけでなく、残業や夜勤といった手当の扱いをしっかり確認するようにしたいですね。

 

とはいっても、就職・転職活動を行っている際に、病院側が「どのように残業や夜勤手当を扱っているか?」といった情報を得るのは難しいのが現状です。そういった情報を得るのに役立つのが、先輩の声や看護学会等生との意見・情報交換です。病院の内情というものは、外側からはなかなかうかがい知ることができませんが、内部の人間の意見を聞ければある程度、想像がつくものです。また、最近は看護師専門の就職支援サイト・団体も多く、専任の担当者が付き、就職を希望する病院の給与体系や就業規則、就業規約などを調べてくれる場合もあります。

 

良い報酬・給与を得るために転職・就職する場合、病院選びは非常に大切です。しかし裏を返せば、その病院選びさえ上手くいけば、後は採用を目指して努力するだけで済みます。
条件の良い病院選びには、豊富な情報が必要です。自分の人脈や看護師就職支援などを上手に活用し、質の良い情報を集めるようにしたいですね。