看護師 病院 診療所

看護師が病院ではなくクリニックで働くメリット

看護師としての経験がある程度ある状態で転職を検討する場合、勤務先として候補に挙がるのが「診療所」ではないでしょうか?
新卒の看護師の方が診療所を勤務先として選ぶケースは少ないと言われますが、看護師経験のある方には診療所は人気のある勤務先と言われています。
看護師の方にとって、診療所で働くメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

まず、診療所で働く際のメリットには

 

・重労働がない
・救急・夜間診療がない場合が多く、緊急入院対応などの業務がない
・基本的に夜勤がなく、日中のみの勤務

 

といったものがあります。
診療所での勤務の場合は、就業時間が日中に固定されている場合が多く、勤務時間も朝から夕方までといった場合がほとんどです。
病棟看護師にに比べると業務内容も限られている場合が多く、診療介助が主なものとなっています。
そのため診療所は、家族との時間を大切にしたい方や夜勤を含めた交代制のシフトが辛い方、体力・気力に不安がある方などに適した勤務先だと言えるでしょう。

 

また、看護師の就職・転職先として人気が高い企業内診療所のメリットも一般的な診療所と共通しています。
企業診療所独自のメリットとしては

 

・企業の正社員と同等、もしくはそれに準ずる待遇のため、公休や収入が安定している
・研修制度や資格取得の補助制度が充実している場合が多い

 

といったものがあげられます。
いずれにしても、診療所は仕事と家庭を両立したい人にとっては、大変働きやすい環境にあると言えるでしょう。

 

それに対し、診療所で働くデメリットとしては

 

・患者の多種多様な相談に対応できるスキルが必要
・総合病院に比べ、求人が少ない傾向にある

 

といったものがあります。
診療は所属している看護師の数が少ない場合が多く、一人の看護師が様々な業務や相談にあたる必要があります。
そのため、豊富な経験と臨機応変に業務を行う能力が求められます。
そういったこともあり、新卒の看護師の方は診療所での勤務が難しいとされています。
また、民間病院などに比べて規模が小さいため、一般の総合病院や大学病院に比べると求人が出にくいといった傾向にあります。

 

診療所は夜勤もなく交代制のシフトもない場合がほとんどですので、ご家族との時間を大切にしたいという看護師の方にはピッタリの勤務先といえるでしょう。