看護師 総合病院

看護師が総合病院で働くメリット

看護師の就職・転職先は様々ですが、最も割合として大きいのが総合病院だと言われています。
民間の病院の中でも規模が大きく、診療科の多い総合病院での勤務を希望する看護師の方も多いのではないでしょうか?
そういった、総合病院での勤務を希望する看護師の方にとって気になる「総合病院勤務のメリット・デメリット」をここでは考えてみたいと思います。

 

まず、総合病院で働く際のメリットを上げてみたいと思います。

 

・給与が安定している
・一般的な症例に数多く当たることが出来、手技・技術のレベルアップが見込める
・研修や勉強会が頻繁に行われている
・新人の教育プログラムが充実している場合が多い
・幅広い医療の知識を習得できる

 

総合病院のメリットは、なんといっても「幅広い臨床経験を積みながら、看護師としての勉強を行える」といった所だと言えるでしょう。
数多くの診療科目の診療に携わる機会があるというのも、総合病院ならではのメリットとの一つです。
総合病院の場合、普段から病院こなっている業務が全て看護師としての勉強と結びついています。
そのため医療に深い関心を持ち、看護師としてのキャリア・スキルアップを目指している方とって、総合病院で得られるメリットはかなり大きなものとなるに違いありません。

 

それに対して、デメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

 

・研修・勉強会の出席が必須
・新人・ベテランの区別なく残業が必ずある
・業務内容が非常にハード

 

先にも、「総合病院の業務は全て看護師としての勉強に結びついている」と書きましたが、そのために、総合病院の就業内容は大変過密なものになっています。
総合病院の場合、医療・診療業務と並行して、看護師教育に大変力を入れている場合が多い傾向にあります。
そのため、どんなに過密なスケジュール・状況にあろうと、研修や勉強会といったものへの参加は義務付けられる場合がほとんどです。
そういったこともあり、総合病院での勤務は心身的に大変過酷なものとなっています。
これを「メリットを受けるための代償」ととるか「デメリット」ととるかは、その人次第、というのが現状であるかもしれませんね。

 

総合病院での仕事は大変激務で身体的にも負担がかかるものです。
しかし、それだけに総合病院での勤務経験は、看護師としての成長に大きな影響を与えるものともいえるでしょう。